坂道系握手会バイトルポ

7:30

会場近くの駅に集合。

いろんなバイト派遣会社の人が、旅行の添乗員かのように旗を持ってお出迎え。

点呼をとられて会場に移動。ひとりバックレた奴がいるらしい。

バイトはヒラの無気力系大学生が8割。社員と話したりするベテラン感出してるバイト大学生が数人。

 

8:00

会場の外にはもうオタクの列ができている、さすが。

会場につくと、うっすいマニュアルを配られ、うっすい説明をされる。

女は中で受付、男は外で看板持ってろみたいな感じらしい。

暑い暑い外でよくわからん便利屋という名の余りものの仕事を割り当てられそうになる。が、先述のバックレた奴のおかげで屋内の勤務を勝ち取る。感謝しかない

 

9:00

握手会が始まる。

僕の仕事は一方通行の逆流を防ぐだけ。しかも2交代制で30分ごとに休めるヌルゲー。人余ってんのかな。

 

10:00

立ってるだけなので、早速飽きが来る。

客にたまーに話しかけられてコミュニケーションがとれる喜びを感じた。が、道を聞かれたりしなても、余裕でなにもわからない。最低時給なので許してください。

控室は地獄みたいな空気だっが、とりあえず鉄壁を開き周りの大学生を威圧。

 

12:00

昼食が支給される。思ってたより美味。

 

15:00

ぼーっと突っ立ってたら、なんか逆流を見逃してたらしく社員に怖い顔をされる。

社員 「今通ったよ💢」

コミュ障「アッ(次から気をつけま)ッス」

 

18:00

夕飯が支給される。ちゃんと昼とは別の店の弁当が届くありがたさ。運営側がまとめて発注してるのかな。

 

20:00

握手会が終わり、片付けが始まる

突っ立ってるだけで給料がもらえるのかと思っていたら、最後の最後に肉体労働をさせられてしまい萎えた。

 

21:00

社員「女子は危ないから帰っていいよー」

ヒョロガリ「(便乗して帰りてー)」

このあとはうまいこと仕事してる感を出して、肉体労働を避けようとする。

謎にベテラン感を出してたバイト大学生のことを密かにバカにしていたが、ちゃんと主体的に動ける有能だった。萌える。

 

22:00

解散。

近くでアイドルが見れて云々みたいなことを話している人もいた。

 

総評

  • 来場していた友人に会ったのがハイライト
  • 情報が貰えないのでつまらないが、なんもせずに給料が貰えるので許せる
  • 日頃から警備員さんに挨拶したい気持ちになる

 

(これはフィクションかもしれないです)

もしも2020中田翔が巨人にいたら36ホームラン?——PFとチーム状況を考慮して

本日、中田翔選手がジャイアンツに移籍して初HRを打ちましたね。おめでとうございます。

中田選手の巨人移籍については、倫理的な面でも戦力的な面でも賛否があるよう*1です。が、ここでは成績面について、札幌ドーム本拠地の数字と東京ドーム本拠地ではどれだけ数字が変わるのかということを考えてみたいと思います。

※ 試合数・成績などは- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2020年度版、PFは2021年12球団パークファクター - 日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblogのデータをお借りしています。

パークファクター

パークファクターという指標があります。これは、同一リーグの平均的な球場と比べてどれだけ得点やHRが出やすいかを数値化したものです。(例: 神宮のHRPFが1.36 → 1.36倍もHRが出やすい球場) 以下が今回考える2020年度のデータです。*2

日ハム 試合数 得点 本塁打 BABIP 単打 二塁打 三塁打 三振 四球 FIP
京セラD大阪 12 0.97 0.95 1.06 1.04 1.03 1.46 1.04 0.98 0.97
楽天生命パーク 12 1.05 1.14 1 0.99 0.95 0.81 1.01 1.12 1.07
札幌ドーム 60 0.88 0.72 1 1.03 1.05 0.92 0.96 0.94 0.89
PayPayドーム 12 0.96 1.19 1 0.97 0.98 0.91 1.06 0.93 1.01
メットライフ 12 1.03 0.89 1 1.04 1 1.07 0.92 0.97 0.99
ZOZOマリン 12 1.12 1.15 0.95 0.93 0.98 0.84 1.01 1.06 1.06
合計 120 0.95 0.89 1.00 1.01 1.02 0.97 0.98 0.98 0.96
巨人 試合数 得点 本塁打 BABIP 単打 二塁打 三塁打 三振 四球 FIP
マツダスタジアム 12 0.93 0.79 0.99 1.01 0.94 0.94 0.96 1.1 0.96
ナゴヤドーム 12 0.89 0.78 0.98 0.96 0.98 1.32 1.03 1.02 0.92
東京ドーム 58 1 1.1 0.99 0.98 1.02 0.92 1 1 1.04
甲子園 12 0.91 0.91 0.99 1.01 0.82 1.41 1.09 0.99 0.92
神宮 12 1.17 1.36 1.02 1.02 1.14 0.67 0.97 0.94 1.12
横浜 12 1.1 1.05 1.02 1.02 1.09 0.88 0.97 0.95 1.04
ほっと神戸 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1
合計 120 1 1.04 1 0.99 1.01 0.983 1.00 1 1.02

チーム状況

個人成績には周りの打者の成績も勿論関係します。ここでは、簡潔に打席数はチーム打席数に比例、打点はチーム得点に比例すると考えます。

試合数 打席 得点
日ハム 120 4560 493
巨人 120 4519 532

日ハムの方が得点が少ないのに打席数が多いんですね。なんか直感に反する気もしますが、ホームゲームで勝つと9回裏の攻撃ができないから実は弱いチームの方が打席が回るのか...?

計算する

ということで、これらを考慮して計算してみた結果がこちらです。

試合 打率 本塁打 打点 OPS 打席 打数 単打 二塁打 三塁打 三振 四球 死球 出塁率 長打率
日ハム 119 0.239 31 109 0.811 506 440 56 18 0 109 55 2 0.320 0.491
巨人 119 0.248 36 118 0.865 501 435 54 18 0 110 56 2 0.330 0.535

だいぶ見栄えが良くなりますね。こうしてみると、球場によって選手が印象面で損得をするのだなーというのがよく分かります。wRC+は偉大。

*1:個人的には、戦力的にはいい補強だと思います。倫理的には、9日間の謹慎で終わったのは少し短すぎかなとも思います。

*2:本来は、PFというのは複数年の平均を考えるものです。が、そもそもの企画自体が雑なのでここでは単年のものを使っています。また、他リーグのものを比べる際も本来は注意が必要です。

中学時代、アフィカスとして2.5万稼いだ話

さっき記帳をしてきたら、g○ogle adsenseで多少稼いだころを思い出したので書きます。

f:id:suzu_kasutera:20210816174418j:image

 

 

きっかけ

中2のころ、謎の自信と承認欲求を拗らせた結果、金が稼ぎたくて仕方がない時期がありました。(自分は天才なので稼げて当然、金が稼げる=社会に必要、的なアレな思想だったたぶん)

とはいえ、中学生はバイトができないので金を稼ぐ方法が

  • クラウドソーシング的なので1文字いくらのライター
  • ようつべ
  • ブログ

くらいしかなかったわけです。

ひとつめは自分みたいな天才のやることではないと思ったし、ようつべは顔出し声出しに抵抗があったので、ブログを始めようということになりました。

 

スポナビブログ

でまあブログを細々と初め、adsenseを貼ってた(怪しい商品紹介とかは流石に抵抗があったし、自分みたいな天才がやることでは(以下略))のですが、集客が全然できないことに気づきました。(当たり前)

ここで目をつけたのがスポナビブログです。スポナビブログは、新着記事というだけでyahooのトップみたいなところに表示されるのでバカみたいにpvが稼げる場でした。広告禁止なのでプロブロガーみたいなのが少ないこともあって需給がおかしな場でした。

 

で、天才ぼくは考えました。

スポナビブログに適当な記事を書き、自分のブログのリンクを張って集客すればいいのでは?と

具体的には、スポナビブログには野球の試合の感想などの毎日書ける記事を書き、広告ありのブログに書いた選手紹介記事とかのリンクを関連記事的な感じで張りました。

 

ドラフト

このやり方をやっている人はほとんどいないっぽかったのですが、案外うまく行きました。

 

スポナビブログが7万pv/月

広告ありブログが2万pv/月くらい

 

特に伸びやすかったのが、ドラフト指名された無名選手の記事です。やっぱり情報がないのでみんな気になるんですね。

とはいえ、僕も独自の情報網があるわけではないので、いかがでしたか?系レベルな記事を書いてしまったわけです……恥ずかしい。

 

終焉

そんなこんなでお小遣いを生み出してくれた僕のブログですが、スポナビブログ様が終了してしまい、オワコンになりました。

まあまあおもしろい経験だったとは思います。

推し投手 —— 2020巨人

僕が特に好きな巨人の投手3人について書きます。単純に今好きな投手です。

菅野智之 #18

今季11連勝中の神エース。例年よりもコントロールはあまりよくないが,強度みたいなのが上がっている気がする。

決めに行ける150前後の直球

低めに決めればみのさんが取れるし,高めに行けば空振りが取れる

代名詞のスライダー

デカスラっぽいのとスラットっぽいのがある。

ストライクからボールへ逃すのはもちろん,ボールからストライクを入れたりもできる(インドアスラットみのさん大好き)

決め球にできるスプリット

ルーキーイヤーは結構使ってて,数年前にあんま投げなくなって,また投げ出した気がする。ほとんど浮かないし,よく落ちる。(ゾーン内で落とすカウント球とボールに落とす決め球で使い分けてるっぽい)

たまに投げる強度のあるカーブ

(地味にめっちゃ好きだからもっと投げて欲しい気もしちゃうけど……)

と,球種の質の高さはもちろん,毎年成長し続けているところとか,ピンチでの立ち振る舞いとかそういうメンタリティ的なところも好き。 投げ終わりもカッコ良くて写真映えするよね(新フォームの初めの方はキモいとか言ってごめんなさい)

中川皓太 #41

防御率0点代の中継ぎエース左腕。

サイドから150近く出る力のあるストレート

やっぱ出力の高いストレートはなんだかんだ最高

代名詞のスライダー

昔は決め球に困ってた印象だけど,サイドスローにしてからこの球のキレも曲がりも良くなって代名詞にになった。

空振りも取れるツーシーム

これも地味にめっちゃ好き。高梨とかもだけど,ツーシームがあるおかげで左右関係なくほぼ完璧に封じ込めている印象。

昔は気弱そうな顔をしてた気がするけど,最近は打者を見下すくらいの気迫も感じて大好き。

大竹寛 #17

37歳ながら安心して見ていられるリリーバー。先発時代のn倍安定感がある。

空振りも取れる代名詞のシュート 手元でピュッと曲がる感じ?インローできれいに空振りとるのが好き。

真逆に曲がるスライダー シュートと組み合わせることで効果千倍。

この組み合わせがめちゃめちゃいい。左右問わずこの組み合わせで抑えられるし投げ間違いも少ないので,ピンチでもわりと安心して見てられる。クビ候補から中継ぎとして復活したのもポイント高い。

終わりに

もちろん,これ以外の投手も好きなんですが,特に今好きな3人について書きました。やっぱツーシーム+スライダーの組み合わせと気迫のある感じの投手が好きみたいです。

マイナポイントで読み取りエラーが出る際はアプリの権限を......

マイナポイント*1,でマイナンバーカードの読み取りエラーが 20回くらい出てキレそうになりましたが,解決したのでメモ。*2

設定 > アプリと権限 > マイナポイント > 権限 > ファイルとメディア > すべてのファイルの管理を許可

できちんと読み取れるようになりました。

アプリの側から明示的に権限を要求されることはなかった*3と思うのですが,この権限がないと NFC で読み取った情報にうまくアクセスできないんじゃないかと思います。

Google play で ⭐︎2.2 なのはこの仕様のせいなのか……? f:id:suzu_kasutera:20200912235821p:plain

コレでうまくいかなかったら他のサイトを当たってください()

*1:マイナンバーが普及しなさすぎるので5000円キャッシュバックキャンペーン及びそれに申し込むためのアプリ

*2:弊環境 : android 11

*3:ふつう初回起動時とかに要求されるよね?......

感想 —— てのひらの宇宙

最近,SFアンソロジーをちょこちょこ読んでいるでいる。『星雲賞短篇傑作編 てのひらの宇宙』を読み始めたら,当たり作多めな気配を感じたので感想をざっと綴ることにした。

フル・ネルソン —— 筒井康隆

記念すべき第一回受賞作。訳がわからないけどなんか面白い気がする感じの作品。わからないけど面白いと言うのは,サイバーパンクにありがちな方面の話ではなく,もっと実験的と言うか誰が読んでも作者さえもわからないみたいな感じ。

白壁の文字は夕陽に映える —— 荒巻義雄

精神医学系と言われるようなジャンルのSF。そもそもが好きな題材であるし,途中から伝奇的な要素も混じってくるのが非常に良い。『パプリカ』とか好きな人は好きかな? 50年近く前に書かれ,ググってもあんま情報・感想が出てこない作品ではあるが1度読んで欲しいなと思える。

ヴォミーサ —— 小松左京

ミステリSF的な話。個人的にはどんでん返し度がそこそこ高く面白かった。よくありそうな設定だけど意外と読んだことがないような……

言葉使い師 —— 神林長平

息の長い神林長平氏,『10年代傑作選』でもみたような……。言葉の力,みたいななんとなく幻想感のある二人称小説。

火星鉄道一九 —— 谷甲州

“リアル” な宇宙戦争もの。がんばるおっさんみたいなとこが本編かもしれない。

山の上の交響楽 —— 中井紀夫

伴名練さんも薦めていたような気がする作品。

音楽の話なんだけど,最後の方は視覚的な美しさもある。いわゆるSFっぽさはあんまりないけれど非現実な世界を通して現実世界を描くというのは本質的にSFっぽい。この人たちも自分たちと同じように悩むのだなみたいな。

恐竜ラウレンティスの幻視 —— 梶尾真治

—— はじめに言葉ありき

恐竜と知性がテーマ。知性は素晴らしいものなのか?っていう。

そばかすのフィギュア —— 菅浩江

SFオタクが好きそうな要素詰め合わせ的な感じらしい。

テーマとしては,ロボットと人間の関係と恋。軽く読みやすい話だけど好きですね。

くるぐる使い —— 大槻ケンヂ

不勉強なもので大槻ケンヂという名前に聞き覚えがなかったが,ロックミュージシャンの傍90年代にsfをいくつか書いていたらしい。

この作品はSFといっても伝奇ものというかホラーというかオカルトというかという感じで,割と個人的には好きな部類。

ダイエットの方程式 —— 草上仁

なんとなく内容の察せられる1タイトルだが,あんまり元ネタとは関係がない感じで面白かった。

インデペンデンス・デイ・イン・オオサカ —— 大原まりこ

『SFバカ本』のために書き下ろされた正真正銘のバカSF。大風呂敷・宇宙人,こういうの大好き。舞台が大阪なのもいい味だしてる。

ランキングをつけるなら —— 終わりに

  1. 白壁の文字は夕日に映える
  2. インデペンデンス・でイ・イン・オオサカ
  3. くるぐる使い

って感じかな。時代順に並んでいるアンソロジーなので,第一世代やっぱり面白いなーでも最近のも読みやすいし好きだなーみたいな楽しみもできてよかった。


  1. 『冷たい方程式』を元にした方程式ものというジャンルがある。『冷たい方程式』自体はそれが表題の短篇集で読めるが,他の収録作は割と微妙。